メインイメージ画像

メリットは鍵を紛失した時に発揮されます

たいてい昔は、オフィスビルのドアから入退室する際、絶対鍵を使用してました。しかしその場合鍵を紛失してしまったり、盗難にあったりした時に全てのドアの鍵を変えなくてはいけなくなり、非常にコストがかかりました。それに合鍵をつくることで事件が起こるなどむしろ鍵がある事により大変な事が起こっていたのです。というわけで入退室管理システムといったパソコンでセキュリティを守る方法が発明されました。電気の力でコントロールできるため、まとめて各ドアの様子やログがわかります。監視カメラと連携して使用する事もできるのです。

よってビルの安全性は一段と高まり、鍵の不便さも解消されます。紛失後も即座に登録を削除できるというコストパフォーマンスの良いシステムといえると思います。

若いIT起業家が増加する時に変わってきたように、社会は大きく変化しつつあります。働き方の変化もそうです。今まで正社員のみだった起業もバイトやシフト制・パートタイムやフレックス制など実に多様な雇用スタイルをせざるをえないでしょう。

それに社員の健康管理や費用削減を考えムダな残業は削減したい事でしょう。昔はこういった給料計算や残業申請は事後や紙ベースの申告書を使用していました。でもそれでは時間がかかって、間違いも増えて効率的とはいえません。でも現在はクラウドを利用した就業管理システムを利用する企業が多くなっています。全部コンピュータで統制管理ができるので外出の多い営業マンがスマホで外出先から勤務実績を送る事ができるのです。

更新情報